LINE公式アカウント

準備必須!LINE公式アカウント値上げ対策!

コロナの時代を経て、おうち起業家や副業で開業される方が増えましたね!

そういった起業家さんたちの集客方法は主に『LINE公式』

利用者が増えた分、発信数も増えるのでLINE社にも負担がかかるのは明白…

そこでLINE社は、昨年2022年10月31日に
「2023年6月にLINE公式アカウントの料金プランを改定する」と発表しました。

    • LINE公式料金プラン変更の内容
    • 変更によってどんな影響があるのか?
    • 今からできる対策

    について説明していきます。

    LINE公式アカウント価格改定の内容

    LINE社から料金おプラン変更について発表された内容は下図のとおり。

    LINE公式HPより引用:https://www.linebiz.com/jp/news/20221031/

    価格改定の内容は、金額や利用できる機能は変わらないけど、
    1ヶ月に送信できるメッセージ通数が、大幅に減少するということ。

    また値上げの理由等して

    企業や店舗がユーザーにとって「本当に欲しい情報」を届けることで、ユーザーひとりひとりに最適化された双方向のコミュニケーションサービスを目指しています。
    しかし、メッセージの一斉配信などによる一方的なコミュニケーションが多くなっていたことが、課題となっていました。

    LINE公式HPより引用

    つまり、情報が必要でない人にもメッセージを送られているから、それらを排除したいってこと。

    一方的に発信するのではなく、お互いがコミュニケーションツールとして利用して欲しい!
    というのがLINE社の見解のようです。

    確かに「無料で配信できるなら、とりあえず全員に送ってしまおう!」という数打ちゃ当たれな方も多いですよね(・∀・;)

    こういう背景からLINE社は今回の値上げに踏み切ったようです。

    そして今現在、LINE公式アカウントを使っている起業家、もしくはこれからビジネスでLINE公式を使うのならば、効率よく、しっかり届けるべき相手へ送ることが求められていきます!!

    そこでLINE価格改定の詳細と取るべき対策を私の小さい頭なりに考えてみました!

    LINE公式アカウント料金プラン改定の内容

    分かりやすく新プランと旧プランの料金やメッセージ数の変更点を表にして比較しました!

    ポイントとしては…

    • 金額や利用できる機能に変わりはない
    • 1ヶ月に送信できるメッセージ数が大幅に減少

    これらから分かることは、価格は変わらないけど実質値上げだ、ということ。

    特にライトプランにおいては追加メッセージも不可。
    5,000通以上、配信するとならば、否応でもスタンダードプランにしなきゃいけないってこと。

    無料プランにおいてはメッセージ数が200通しかないので、もう集客には使えない、
    もしくは難しいということになります…

    メッセージ通数から考える

    LINEのお友だち人数はそれぞれ異なりますが、企業の公式LINEアカウントであれば数万や数十万も…

    ちなみにユニクロでは現在42,1551722人!!
    4200万て…(2023/2/6時点)

    私したち個人企業家では多くの方のお友だち登録数は数百〜数千だと思うので、今まではライトプランで足りていた方が多かった。

    実際私もそうだし、周りの起業家の方でもスタンダードを使ってる方は聞いてことがありません。

    友達が100人いたとして(ブロックなしで考えます)
    週に1回、月4回配信していたとしても 月400回のメッセージ数で足りる。
    これが200通となれば月2回の配信になる。

    友達が200人の場合は月に1回の配信で、200人以上はぜんぜん足りない…なんてことに。
    これでは全然少ない!!

    かといって、5000円プランであっても配信できるメッセージ数は5000通まで。
    友達1000人いたら週1回、月4回の配信で4000通。
    集客の時期になると、自然と配信数が増えますよね。

    ちなみに私の場合、集客時期は1ヶ月の間に約20回ほど送っていました…

    現在の友達数が700人なので20回も送ったら14,000通!!
    新料金プランではスタンダードプランにする必要があります。

    本当にお友だち全員に配信する必要ってある?

    ちょっとここで、考えてみてください。
    友だち全員がお客さまとなる見込み客でしょうか?

    私の場合、本来の来ていただきたいお客さまに加え、
    プレゼント受取目的のクレクレさんもいれば、同業者で競合調査されている方もいます。

    過去に登録してくださって、存在しているアカウントなのかも分からない人すらいます…

    配信したメッセージ数の開封数やインプレッション数を見れば、だいたいアクティブユーザー数の目星はつくけど、みなさんがずーっとLINEの前に張り付いているわけではないので
    これが正しい数字ではないと思ってます。

    つまり、登録=お客様ではないってこと。

    だから、これから値上げしていく対策としては

    配信するお客様を絞ること

    が大切で、つまり、メッセージ配信をするお友だちを絞り込んで配信するということ。

    あまり知られていませんがLINE公式では友達を絞り込んで配信する方法もあります。

    こちらは別記事でご紹介しますね。

    この絞り込み配信をうまく活かして、配信するメッセージ数を減らすことにつながります。

    実際、お友だちが多いアカウントや不要なメッセージ配信を送りたくないと考えているアカウントはこの絞り込み配信機能を活用して、メッセージ数の削減を行なっています。

    さらに、メッセージを絞り込んで配信することで、「情報を必要な人にだけ届ける」ことができ、コンバージョンのアップにも繋がっていきます。

    今からできる対策

    もうすでにLINE公式料金変更まで残り3ヶ月。

    上記で説明した内容をうまく取り入れた対策が必要となります。

    配信回数を変える ←あまりおすすめしない
    必要な人にだけ届ける ←おすすめ

    ですが、見込みとなるお客さまなのか、プレゼントが欲しいクレクレさんなのか。
    はたまた、同業者の偵察かなのかはお友だち登録してくれた時点では分からないですよね。

    これを把握、分ける方法がLINEお友だち登録時にできたらいいと思いませんか?

    こうしたLINE公式アカウントの効果を最大限活かすことができるのが、Lステップです!

    LステップとはLINE公式アカウントの機能を最大限に活かして集客/販売/顧客管理ができるツール。

    簡単に言うと、昔でいうメルマガの現代版がLINE公式(LINEのビジネス版)でLステップはLINE公式アカウントを機能拡張するマーケティングツール!

    LINE公式だけではできない、より詳細な分析や配信ができるのが特徴です。

    このLステップを使えば、あなたが本当に届けたいメッセージを絞って配信ができるので、今後の値上げ対策にでも上手に活かすことができます。

    またLINE登録時、一番お客さまの熱意がこもっている間に「アンケート」を取るということもすべて自動で応答してくれるので業務効率化、また、無駄な配信も減らせ反応率アップ・売上アップにも繋がるってわけです。

    LINE公式アカウント価格改定にポイントまとめ

    2023年6月にLINE公式アカウントの料金プランの内容が変更になります。
    今LINE公式アカウントを利用している方全員に大きな影響があると思われるので、取れる対策は早めにとっておきましょう!

    • メッセージ通数の削減に伴う、大幅な値上げ
    • ほぼ無料プランでは使えない
    • メッセージを必要な人だけに絞った配信にする

    という変更が必要です。

    メッセージの絞り込み配信とお友だちの整理などをして、6月になって急にあたふた焦らないよう、今から対策をとってくださいね!!

    もしLステップやLINE公式アカウントの運用について相談したい場合は、LINE登録がお気軽にメッセージをお送りくださいね♪

    相談・問い合わせはこちら

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です